失われたHTMLファイルを回復する

あなたの貴重なHTMLファイルをあなたのシステムから忘れましたか? Remo Recoverソフトウェアを使用すると、削除されたHTMLファイルだけでなく紛失したファイルも簡単に回復します。 フリートレイルバージョンを今すぐダウンロードしてください!.

Windowsユーザー向け

ダウンロード中
今買う

MAC OS Xユーザー向け

ダウンロード中
今買う

Windowsシステムで失われたHTMLファイルを回復する

Hyper Text Markup LanguageのHTML(.html)ファイル頭文字は、Webページを作成するための正式な言語です。 Windowsでは、システムの不適切な使用により発生する可能性のある特定の状況で、HTMLファイルが失われる可能性があります。このページでは、HTMLファイルがWindowsベースのシステム上で行方不明になる原因となる、最もよく知られている操作の概要を紹介します。そして、主に、完全なデータ復旧ツールであるRemo Recoverの助けを借りて、紛失したhtmlファイルを回復する抜群の方法を見つけ出します。

Windowsで紛失したHTMLファイルを回復するためのテクニック:

HTMLファイルがWindowsコンピュータから見つからないことがわかったら、ごみ箱でそれらを探してください。HTMLファイルが意識せずに削除されることがあります。あなたが幸いであれば、失われたHTMLファイルをごみ箱から容易に復元することができます。また、紛失したHTMLファイルをごみ箱で見つけられるほど幸運でない場合は、Windows Searchオプションを使用してみてください。これは、検索ツールバーに移動し、欠落しているHTMLファイルの名前またはファイル拡張子を入力し、検索オプションをクリックすることで実行できます。 Windowsが検索結果を見つけられない場合は、HTMLファイルがコンピュータから削除されている可能性があります。

信頼性の高いデータ復旧ユーティリティを使用して不足しているHTMLファイルを復元する必要があります。次の理由により、紛失したHTMLファイルを取り出すために、信頼できるRemo Recoverソフトウェアを試してみることをおすすめします。

Remo Recoverを使用して不足しているHTMLファイルを復元する:

Remo Recoverは、削除されたファイルやWindowsでサポートされていないすべてのファイルを取り戻すために、欠落しているHTMLファイルの回復に関する重要なデータ回復ユーティリティの1つです。このソフトウェアでは、特定のファイル形式(この場合は.html)を選択して、残りの部分を無視してHTMLファイルのみを復元することができます。 Remo Recoverは強力なデータ復元ツールです。以下に記載されている理由のいずれか、場合によってはそれ以上の結果として、行方不明または削除されたファイルを救済することができます。

Windows上で欠落しているHTMLファイルを引き起こす最も一般的な操作:

  • ソフトウェアに関連する問題:プログラミング不良などの問題により、HTMLファイルが失われる可能性があります。その他のソフトウェアエラーには、ウイルスやマルウェアの感染などが含まれます。これらは、PCにハードリセット、データ破損、不適切な保存などが発生するのに十分です。
  • 電力関連の問題:電力関連の問題は、主に停電や懸念のあるHTMLやその他のファイルが逸脱する可能性のあるサージなどの異常によって発生します。この問題は、適切なUPSシステムを使用してコンピュータに対処することができます
  • ストレージドライブの誤った取り扱い:安全に終了させずに取り出しなど、HTMLファイルが格納されている外付けハードドライブを誤って取り出すと、それらのファイルが破損または欠落する可能性があります。常にハードドライブやその他のストレージデバイスを安全に取り出してください
  • ハードウェア関連のエラー:ハードウェア障害、不良RAM、不良セクタ、削除されたボリュームなどの問題により、そのドライブ上のHTMLファイルやその他のファイルがオフトラックになる可能性があります。これらのエラーが発生していないことを確認するには、コンピュータを良好な状態に保ちます


ステップ 不足しているHTMLファイルを回復する Remo Recover:

ステップ 1: Remo RecoverをWindowsシステムにインストールした後、それを実行して選択します "Recover Files" オプションの後に "Recover Deleted Files" オプション.

不足しているHTMLファイルを復元する - Main Screen

図1:メイン画面

ステップ 2: 欠落しているHTMLファイルが格納されているドライブを選択し、右矢印ボタンをクリックして回復セッションを開始します.

失われたHTMLファイルを取得する- Select Drive

図2:ドライブの選択

ステップ 3: スキャン処理が正常に完了すると、復元されたHTMLファイルの一覧が表示されます.

不足しているHTMLファイルの回復 - Recovered Files

図3:回復されたファイル

ステップ 4: 回復したHTMLファイルを任意のドライブに保存します.

不足しているHTMLファイルの復元 - Saving Recovered Data

図5:回復されたHTMLファイルの保存

 

Leopard(10.5)とSnow Leopard(10.6)では、 ユーザー

ダウンロード中
 

Mac OS X 10.7以上の場合


ダウンロード中
close