誤ってWindows 8から削除されたDLLファイルを復元する

Remo Recoverファイル回復ソフトウェアの無料デモ版を使用して、任意のWindows実行中のコンピュータから偶発的に削除されたDLLファイルを即座に回復します。.

 

Windows 8から誤って削除された.dllファイルを復元する方法?

あなたのWindows 8システムで.dllファイルを見つけましたか? DLLは、Windowsプログラムによってアクセスされるライブラリ関数を含む "Dynamic Link Library"の略です。これらのファイルは、アプリケーションがメモリ、ハードウェアなどのシステムリソースを適切に使用するのに役立ちます。いくつかのDLLファイルは、オペレーティングシステムに付属していますが、特定のアプリケーションを起動すると、 1つのDLLファイルは、Windowsシステム上で実行されている複数のプログラムで利用できます。したがって、.dllファイルはアプリケーションが正しく動作するために非常に重要です。 DLLを開くアプリケーションは存在しないため、ユーザーは迷惑ファイルやウイルスファイルを持っていると解釈し、システムから削除します。彼らは、アプリケーションを起動している間にエラー "***。dllファイルが見つかりません"に遭遇したときに間違いを認識します。心配しないでください!!このような削除されたファイルは、データ回復の方法によって容易に取り戻すことができます。

Windows 8 PCからの.dllファイルの削除を引き起こすイベント:

ウイルス対策スキャン:ウイルス対策ソフトウェアは、システム上の有害なマルウェアに対する保護カバーを構成します。ただし、非効率なウイルス対策ソフトウェアを使用すると、ウイルスとともに感染したDLLファイルを削除する傾向があります。したがって、Windows 8システムをウイルスおよびデータ損失の問題から保護するには、最高のウイルス対策プログラムを選択して使用する必要があります

偶発的なフォーマット:ドライブのフォーマットはドライブのエラーを取り除くのに役立ち、有害なウイルスを取り除くことができます。ただし、DLLファイルを持つドライブでこのプロセスが誤って使用された場合は、すべてのファイルが失われます。したがって、あなたのコンピュータで操作している間、注意する必要があります。

ごみ箱を空にする:ごみ箱は、コンピュータの一時的な場所で、ハードディスクのさまざまな場所から削除されたすべてのファイルを保存します。コンピュータからDLLファイルを削除すると、ごみ箱フォルダに移動してそこに保存されます。ただし、ファイルを復元する場合は、「Empty Recycle Bin」オプションを使用して終了することがあります。このオプションを使用すると、DLLファイルが他のファイルとともに削除されます。

.dllファイルを損失からどうやって保存できますか?

DLLファイルを紛失から守るために採用できるさまざまな方法があります。最初は、頻繁に使用するユーザーの場合は、重要なファイルをバックアップする必要があります。次に、テクニカルエキスパートの指導を受けて、適切な方法で実行されないとデータの損失につながる複雑な操作を実行する必要があります。最後は、しかし、少なくともではない。有害なトロイの木馬やワームからシステムを保護するために、効率的なリカバリソフトウェアを使用する必要があります。

これらのステップに失敗して重要なDLLファイルを失った場合、Remo Recoverはファイルを取り戻すためにここにあります。 Remo Recoverは、現在市販されている最善の回復ツールの1つです。このアプリケーションは、Windows 8の多くの最新バージョンのWindowsで実行できます。さらに、Windows 8コンピュータで使用されているほとんどすべてのストレージデバイスのファイルを回復することもできます。このソフトウェアの高速エンジンアルゴリズムは、短時間でWindows 8から削除されたDLLファイルを回復するためのガイドです。このアプリケーションは、購入前にリカバリ結果を見積もるためにユーザーが使用できるデモ版でも利用できます。


ステップ Remo Recoverソフトウェアを使用してWindows 8を削除したDLLファイルを取得する: -

ステップ 1: あなたのPCにソフトウェアをインストールし、 “Recover Files” メイン画面からのオプション

Windows 8からのDLLの回復を削除しました - Main Screen

図1:メイン画面

ステップ 2: 進むと選択 “Recover Deleted Files” 回復プロセスを開始するオプション.

Windows 8の削除されたDLLファイルを取得する- Select Suitable Option

図2:適切なオプションの選択

ステップ 3: ここで、リカバリを実行するドライブを選択します。

Windows 8から削除されたDLLファイルを復元する- Select Drive

図3:ドライブの選択

ステップ 4: ファイルは “File Type View” そして “Data View”.

Windows 8から削除されたDLLファイルを回復する- List of Recoverable Data

図4:リカバリ可能なデータのリスト

ステップ 5: 必要なものを選択してプレビューする .

Windows 8から誤って削除された.Dllファイルを復元する方法 - Preview Recoverable Files

図5:リカバリ可能なファイルのプレビュー