Mac Leopardリカバリ

Mac Leopardのデータを復元する


Mac Leopardは、2007年にアップル社がリリースしたMac OS Xバージョン10.5です。このアップデートにより、300以上の新機能がもたらされ、Mac OS Xの操作はまったく新しいものとなりました。また、このバージョンのMac OS Xでは、データの保存と共有がより安全です。しかし、避けられないデータ損失につながる可能性はわずかです。 Macコンピュータでのデータ損失は、データを処理する際に人が直面する珍しいシナリオではありません。コンピューティングの中ではパーツやパーセルのようなものです。データの喪失を引き起こす多くの理由がありますが、偶発的なファイルの削除によるデータ損失が最も一般的です。事故によるデータの削除には、ゴミ箱からファイルやフォルダを削除したり、誤って削除オプションを押したり、誤ってボリュームをフォーマットするなどがあります。これは、初心者のMacユーザーだけでなく、プロフェッショナルの間違いです。他のデータの消失/削除のアクションは、データへのアクセス中の停電、不適切なファイル転送、第三者のアプリケーションを使用するファイルの変更などのさまざまな要因によるものです。

Remo Recover Macアプリケーションを使用したMac Leopardリカバリの実行:

Remo Recover Macは、すべてのMacとそのサポートされているすべてのボリュームでMac Leopard Recoveryを実行するための適切なツールです。データの削除を引き起こす要因にかかわらず、意図的または偶発的なものにします。このツールは、300種類以上のファイル形式を認識し、Mac Leopardの復旧処理中に重要なファイルが見つからないという問題はありません。このツールのインターフェースの使いやすさは、Mac Leopardのデータを回復するためのプロフェッショナルな助けを必要としません。コンピューティングの基本的な知識を持つユーザーは誰でも、自宅の快適さからMac Leopardのデータを簡単に取得できます。それとは別に、Remo Recover Macは無料のバージョンを提供しています。このバージョンを使用すると、削除/欠落したデータをスキャンして取得し、すべてのコンテンツを簡単にプレビューすることができます。復元プロセスを完了するには、フルバージョンのみが必要です。

Remo Recover Macを優れたデータ復旧ツールにするその他の機能:

  • アクセスできない壊れたMacボリュームでもデータ復旧を実行
  • ブートに失敗したMacドライブからデータを救い出す
  • ゴミ箱から完全に削除されたファイルやフォルダを復元する
  • 強力なデータ回復ツールは、不足しているMacボリュームや削除されたMacボリューム、およびマウントを拒否するボリュームからデータを効果的に復元します。
  • Mac OSスタイルのレイアウトで復元されたすべてのデータを表示する手間のかからないシンプルなユーザーインターフェイス
  • フラッシュメモリやiPod、iPhone、iPadなど、Macでサポートされているすべてのメモリドライブからファイルを快適に復元
  • ほぼすべてのタイプのデジタルデータを検出して回復し、すべての重要なデータを戻していることを確認します。

Mac Leopardのデータ復元を成功させるヒント:

  • Mac Leopardのデータ復旧を正常に実行するには、まずデータ復旧を実行するボリュームの使用をやめてください
  • 起動ディスクに問題がある場合は、データの復元が完了するまでそのコンピュータの使用を完全に停止します
  • 書き込み操作を行うと、そのボリュームに何もコピーまたはダウンロードしないでください。正常なデータ復元の可能性が大幅に低下します
  • Macボリュームにデータを書き込むことができる電子メール、ブラウザ、その他のアプリケーションを閉じる
  • データの復元が正常に行われないような不必要なアクションは避けてください

 

 

Remo Recover Macツールを使用してMac Leopardデータ復旧を実行するためのステップ:

ステップ 1: Remo Recover Macの無料版をダウンロードしてインストールしてください。 ソフトウェアを起動してメインウィンドウを開き、適切なオプションを選択します。

Mac Leopardを復元する- Main Window

図1:メインウィンドウ

ステップ 2: このツールは、Mac PCで使用可能なボリュームを表示してデータ復旧を実行します。 データを復元する場所から任意のボリュームを選択し、をクリックします。 "Next".

Mac Leopardのデータを取得する- Select Volume

図2:ボリュームの選択

ステップ 3: データ復元プロセスが正常に完了すると、復元されたすべてのデータのリストが表示されます。 復元されたデータは、 "Preview" オプション.

Mac Leopardのデータ復旧 - Recovered Data

図3:回復したデータ

ステップ 4: を活用する "Save Recovery Session" さらなる使用のために回復セッションを保存するために.

Mac Leopardのデータ復旧 - Save Recovery Session

図4:回復セッションの保存

 

Leopard(10.5)とSnow Leopard(10.6)の場合
ユーザー

ダウンロード中
 

Mac OS X 10.7以上の場合


ダウンロード中
close